ヘライース降臨のバトル別攻略テクニック

バトル1

 

氷結獄・フロストデーモン、闇地獄・ブラッドデーモンの2体が出現。

 

攻撃力は地獄級で3,588〜3,752ダメージと高くはないが、どちらも毎ターン攻撃なうえ、「リーフバインド」「フラッシュバインド」のバインドスキルを使用するのが厄介。

 

木属性、光属性のモンスターを編成している場合は、バインドされたくない方を優先して攻撃すること。

 

どちらか1体を倒してしまえば、スキルためが可能だ。

 

バトル2

 

水属性の蒼天龍・二ライカナイ、闇属性の夜天龍・エリュシオンのどちらか1体が出現する。

 

この2体のドラゴンはHP・防御力は同じだが、攻撃力、攻撃ターン、スキルに遣いがある。

 

ニライカナイは攻撃力が高く、2ターンに1度の攻撃。エリュシオンは攻撃力はやや下がるが毎ターン攻撃で、スキルを使用してくるタイミングも早い点に注意。

 

バトル3

 

究極邪龍・ヘルヘイム、1体が出現する。2ターンに1度、通常攻撃およびパズル盤面を真っ暗にする「暗黒の息吹き」を使用。

 

また、HP75%以下になると連続攻撃スキル「ゴッドヘルブレス」を使用する。バトル2と比べるとHP・防御力は低いが、攻撃力が格段に上がっている。

 

半減チーム、耐久チームならスキルためも可能なバトルだが、それ以外のチームなら「ゴッドヘルブレス」を使用される前に倒したい。

 

バトル4

 

「機械龍」シリーズの氷砕機龍・アルデバラン1体が出現。

 

次ターンの攻撃力を3倍にするスキル「エネルギーチャージ」、HP25%以下で連続攻撃「アイスクラッシャー」を使用。

 

またHP50%以下になると、HPを半分回復するスキル「オートリペア」 を1度使用するので、HP50%以上の状態から一気に倒したい。

 

またダメージに耐えられないなら「エネルギーチャージ」後、2ターンで倒すことも求められる。

 

バトル5

 

カオスデビルドラゴン、カオスブリザードドラゴンのどちらか1体が出現。

 

2体の出現割合は、ほぼカオスデビルドラゴンが出現し、ごくまれにカオスブリザードドラゴンが出現。

 

どちらも通常攻撃は使用せず、「大きく口をひらいた」の予備動作の後、次の攻撃で「カオスレイ」を使用する。

 

基本的に、カオスレイを使用する前、出現から4-5ターン(威嚇使用で+3ターン)内に倒すことが求められる。

 

バトル6に向けて、ここでスキルを節約するなら、カオスデビルドラゴンに的をしぼった光属性チームで

 

「光ドロップ強化」「光属性強化」などの覚醒スキルをそろえて、5,000以上の高い防御力を貫通させてダメージを与えていこう。

 

バトル6

 

ヘラ・イース、1体が出現。

 

最初の攻撃ターンに、ランダムで5体を行動不能になる「アイスコフィン」を使用する。

 

行動可能になるまで2〜3ターンかかるので、あらかじめ「鉄壁」などのダメージ軽減スキル、「防御態勢」などのドロップ変換スキルで回復ドロップを増やしておくなどの対策をしておきたい。

 

その後、通常攻撃、「フリーズブラスト」、「神の悪戯」、「クリスタルコフィン」のいずれかて毎ターン攻撃してくるので、「威嚇」などスキルでターンを穏ぎ、その間に倒す必要がある。

 

 

スポンサーリンク