バトル1

  • 炎のアイスオーガ
  • 炎のアーマーオーガ

炎のアイスオーガ、炎のアーマーオーガの2体が出現。どちらもHP50%以上のとき最初の行動で「羽交い締め」「ウォーターバインド」のバインズスキルを使用する。

 

さらにHP50%以下になると属性が火属性に変化し、「フレイムストライク」を使用。通常攻撃、スキルともにダメージが大きい上、バインドも使用する厄介な相手だ。

 

バトル2

  • 炎聖騎龍・フォーミュラー

まずは先制で「光の翼」を必ず使用する。その後、毎ターン攻撃を仕掛けてくるうえに、HP50%以下になると光から火属性に変化し、協力な「フレイムバースト」を使用する。

 

とにかく毎ターン攻撃が脅威なので、弱点属性を付いて速攻で倒すか、「威嚇」などで凌ぐか判断が分かれるところ。

 

バトル3

  • 碧炎星・イフリート

碧炎星・イフリートが1体出現。防御60000と非常に堅い上に、「豊穣の守り」で状態異常を無効化してくる、

 

HP50%以下になると木属性に変化し、「ウォーターバインド」を一度だけ使用。その後は、毎ターン「ゴッドガイアブレス」で攻撃してくる。

 

ここも毎ターン攻撃だが、HP50%以上なら攻撃は「マグマブレス」だけなので、耐えられるHPならスキル溜めが可能。

 

バトル4

  • 戦女神・ダークミネルヴァ

先制で「クラッシュボム」を使用する。序盤は「フレイムスラッシュ」のみなので、ここもダメージに耐えられるならスキル溜めが可能。

 

HP50%以下になると闇属性に変化し「ダークバインド」「無数の闇玉が出現」を順に使用。その後、毎ターン「バラージボム」で攻撃してくる。

 

HP50%以下になる前に、一気に倒してしまいたい相手だ。

 

バトル5

  • 覚醒ヘラ・ウルズ

ボス、覚醒ヘラ・ウルズが1体出現。序盤に状態異常を無効化する「神々の守り」、水属性モンスターを行動不能にする「永劫の乾き」を使用。

 

その後、毎ターン攻撃してくるが、高確率で「フレイムピラー」「ハイキック」が使用される。毎ターン、これらの攻撃を凌ぎながら戦うのは大変。

 

さらにHPが低下すると、本ダンジョン最大ダメージに「グラビトンボム」を使用してくるのでそれまでに倒したい。

 

覚醒ヘラ・ウルズ行動パターン

1ターン目
神々の守り

2ターン目
永劫の乾き
※水属性のモンスターがいる場合

HP50%以上のとき
フレイムピラー

HP50%以下のとき
ハイキック

さらにHP低下時
魔力を解放した

グラビトンボム
※以降、毎ターン「グラビトンボム」を使用

 

超地獄級では?

超地獄級ニなると、戦女神・ダークメネルヴァの「ダークバインド」が「超ダークバインド」に変化し、闇属性モンスターへのバインドが10ターンに強化される。

 

さらに碧炎星・イフリートの「豊穣の守り」と、覚醒ヘラ・ウルズの「神々の守り」が先制で使用されるようになる。

 

効果時間は999ターンと、ほぼ「威嚇」などの状態異常スキルが使えなくなるので敵を即座に撃破するより高い攻撃力が求められる。

 

 

スポンサーリンク