ハクパーティの使い方、メリットとデメリット

初心者〜上級者向け
活躍期間:序盤〜終盤

 

四獣の神シリーズの中では、麒麟についで人気のある霊護の白虎・ハクを中心としたハクパーティ。

 

このパーティが人気があるのは、ギガグラビティ持ちの多い闇属性が中心であることや、火属性のエキドナを無理なく入れられる点があげられる。

 

リーダスキルの発動条件となっている「火・水・闇で同時攻撃」というのも、やってみると意外にそんなに難しくないのがわかる。中級者にもおすすめできるパーティだと思う。

 

リーダー&フレンド
  • 霊護の白虎・ハク

 

サブモンスター候補
  • 紅蓮の女帝・エキドナ
  • 魔王・ヴァンパイアロード
  • 冥界神・インフェルノハーデス
  • 覚醒ヘラ・ウルズ
  • 覚醒ヘラ・イース
  • 終焉の狡知神・ロキ

メリット

  • ギガグラビティ持ちのモンスターを入れやすい
  •  

  • 火力が高く、スキルも強力

 

デメリット

  • サブモンスターをボス戦で役立つモンスターばかりにしてしまうと道中でスキルを使いづらい

 

基本的なバトルの流れ

  1. 序盤はターンを稼ぎながら戦う
  2.  

  3. ピンチになったらエキドナの威嚇
  4.  

  5. ハクのスキルにドロップ強化などを組み合わせて倒す

 

ハクパーティの良いところは、序盤であっても火・水・闇のモンスターさえ入れておけば活躍できるという点。上記ではインフェルノハーデスを紹介しているけど、ヘラを入れたり、ヘライースを入れたりすることで代用できる。

 

要は降臨ダンジョンさえクリアできれば一気に強力なパーティが作れるということ。

 

降臨ダンジョンのボス戦では、ギガグラビティやハクの西方七星陣+ドロップ強化などで大ダメージを出すことができる。回復や防御手段が乏しいので道中をどうしのいでいくかがポイントになってくる。

 

 

スポンサーリンク