カグツチパーティの使い方、メリットとデメリット

初心者〜上級者向け
活躍期間:序盤〜終盤

 

リーダースキルの自動攻撃だけで戦っていくパーティ。ヒノカグツチがいれば、ゲリラダンジョンの「ペンドラの里」や「木曜ダンジョン」では自動攻撃だけですべてのモンスターを一撃で倒すことができるようになるため、高速周回には欠かせない。

 

サブモンスターは基本的には何でもいいが、ここで紹介しているのはテクニカルダンジョンの「猛炎の塔」に挑むことを想定したときのパーティにしている。

 

リーダー&フレンド
  • 焔獄蛇神・ヒノカグツチ
  • 炎隼神・ホルス

 

サブモンスター候補
  • 戦女神・セイントミネルヴァ
  • 戦女神・ダークミネルヴァ
  • ディノライダー・ドレーク
  • バーンフェニックスナイト・ホムラ
  • 氷のサムライオーガ
  • 覚醒ヘラ・ウルズ

メリット

  • 敵が弱いダンジョンでは圧倒的なスピードで倒せる
  •  

  • パズル力が低くても戦える

 

デメリット

  • 敵が強いダンジョン、防御力が高い相手には効果なし

 

基本的なバトルの流れ

  1. 火属性以外のドロップを1コンボで消す
  2.  

  3. ボス戦まではそのまま自動攻撃で戦う
  4.  

  5. ボス戦のみドロップ変換を使い4属性攻撃を決める

 

カグツチのリーダースキルは「攻撃後、凄まじい追い打ちをかける」となっているが、何も攻撃をする必要はなく、ドロップを消しただけで追い打ちは発生する。

 

攻撃のアニメーションがなければ、それだけ早く倒すことができるので、ペンドラの里や木曜ダンジョンでは、あえてサブモンスターを全部外して戦うという方法もアリ。

 

火属性以外のモンスターが使えない猛炎の塔では、ヒノカグツチの自動攻撃が大活躍する。最後のボスのみ副属性を含めた4属性攻撃できっちり倒すと素早く周回することができる。

 

 

スポンサーリンク