オオクニヌシパーティの使い方、メリットとデメリット

上級者向け
活躍期間:序盤〜終盤

 

オオクニヌシのリーダースキルは6コンボで4倍の攻撃になるので、火力はホルスとほぼ同等と考えていい。

 

サブモンスターの自由度が効くので属性は自由だけど、あえて闇属性に寄せていくことでドロップ変換やロキのエンハンスを活かしたいところ。

 

ヨミを覚醒させれば、最大でドロップ操作が1秒延長されるのでコンボを組まないといけないオオクニヌシとの相性は抜群。育成には時間がかかるけど、テクニカルでは強力なパーティのひとつ。

 

リーダー&フレンド
  • 国造の神・オオクニヌシ

 

サブモンスター候補
  • ツクヨミ
  • 終焉の狡知神・ロキ
  • 朧夜の闇忍・服部半蔵
  • 断罪の冥府神・ペルセポネ
  • カオスドラゴンナイト・ヴォイス
  • 魔王・ヴァンパイアロード

メリット

  • 高い火力と強力なスキルで圧倒できる
  •  

  • どんなダンジョンにも対応できる汎用性の高さ

 

デメリット

  • 高いパズル力が必要
  •  

  • 主要なサブモンスターはレアガチャでしか手に入らないのでモンスターがそろえにくい

 

基本的なバトルの流れ

  1. スキルをためられる時は必ずためる
  2.  

  3. 闇属性ドロップを切らさないようにドロップ変換で攻撃
  4.  

  5. ボス戦はドロップ変換、ツクヨミのスキルなどで一気に倒す

 

闇属性中心のパーティになりやすいので、ギガグラビティ持ちのモンスターを入れたいところ。

 

しかし、ツクヨミのチェンジザワールドを活かすならドロップ変換やロキのダークエンハンスなどで火力の底上げをしたほうがいい。

 

半蔵やペルセポネのドロップ変換と合わせれば驚異的なダメージを出すこともできる。非常にテクニカルで育成も難しいが使っていて楽しいパーティといえる。

 

最もやっかいなのがスキルためで、落ちてきたドロップでコンボが発生する「落ちコン」で6コンボになってしまって、倒したくない場面で倒してしまうこともあるので注意したい。

 

 

スポンサーリンク