ルーキーチームでサタン降臨を攻略!

回復タイプ10.5倍チーム+回復エンハンスでサタンを一蹴!回復タイプの攻撃力を強化するリーダースキルを掛け合わせた10.5倍チーム。

 

リーダー・助っ人には、薔薇戦姫・グレイスヴァルキリー、神書の管理者・ メタトロンを選択。

 

出現するモンスターは大半が闇属性なので、サブは光属性・回復タイプのモンスターを中心に編成。

 

総合HPが低いので、敵の出現ターン数によっては苦戦を強いられるが、ドロップ変換スキルや威嚇のスキルLvが最大なら、ノーコンクリアも難しくないチーム。

 

ポイント

  • 光属性・回復タイプで編成
  • 回復タイプ10.5倍で道中安定
  • HPは低くてもOK!

 

リーダー候補

  • 薔薇戦姫・グレイスヴァルキリー

 

サブ候補

  • スカイゴッドナイト・ヴァーチェ
  • 聖獣龍・エンジェリオン
  • キングヒカりん
  • 紅蓮華の女傑・エキドナ

 

助っ人候補

  • 神書の管理者・メタトロン

 

助っ人に神書の管理者・メタトロンがいない場合、薔薇戦姫・グレイスヴァルキリーでもいいが、ここでは回復ドロップが出現しないので「攻撃態勢・光」が効果的に使いにくい。

 

エンジェリオン、セイレーンなどの回復ドロップ変換スキル持ちをもう一体入れるなど対策をしよう。

 

また助っ人には、究極進化前の神輝の代行者・メタトロンという選択肢もあるが、その場合リーダースキルの条件が「HP80%以上」となるため、少しダメージを受けただけでも、攻撃力が3倍に落ちてしまうリスクがある。

 

さらに「スキルブースト」が2個から1個になる点にも注意。

 

バトル

バトル1・2

クラーケンはHP47万とそこそこ高く、光属性主体のルーキーチームにとっては最初の関門。

 

チームHPが高くない(レベル最大+無しでHP14,277)ので、2体同時攻撃にはまず耐えられない。

 

またスキル「大連撃」を使用されると、ますそこでゲームオーバー。

 

耐えることができるのは、通常攻撃1回(8,986ダメージ)までと考えて、しっかりコンボを作ろう。

 

ちなみに回復ドロップが出現しない分、コンポは繋がりやすいので、10コンポも目標にますは1体自を撃破しよう。

 

地獄の番犬・ケルベロスはクラーケンと比べたら楽勝。

 

5-6コンボのダメージで一撃なので、逆に攻撃までの3-4ターンギリギりまで稼ぎ、バトル3までにドロップ変換スキルを使えるようにしておきたい。

 

バトル3・4

バトル3は、毎ターン攻撃なので、できればさっさと倒したい相手。

 

HP67万以上、防御900はしっかり光ドロップを重ねたコンボをしないとダメージを与えられないので、出現時のターン数が2ターンなら2回の攻撃で、1ターンならドロップ変換スキルをひとつ使って仕留めよう。

 

バトル4は出現ターン数によっては非常に苦戦するので、ここは「威嚇Jを使用。ドロップ変換スキルも使い、ますは攻撃ターンの近い1体を確実に撃破する。

 

残り1体になったら、「威嚇」「回復工ンハンス」を残り5ターン内を目安にスキル溜めしておくこと。ドロップ変換で一撃! 威嚇を使用して倒せ!

 

バトル5

HP105万以上・防御2目000の強敵だが、光ドロップを重ねたコンポなら簡単に倒せてしまう。スキル溜めの必要がなければ、さっさと倒してOK。

 

スキル溜めをする場合は、通常のダンジョンよりもコンボが繋がりやすいので、少ないコンポで様子を見ながらHPを削っていこう。10.5倍+弱点属性で楽勝!

 

バトル6

1ターン自に「威嚇」を使うと「ワールド工ンド」まで7ターンあるので、この間にドロップ変換スキル、「回復工ンハンス」を使用して倒す。

 

「攻隼態勢・光」「ドロップ変化・光」を同時に使用すると、同時消しが増えて、コンポ数が稼げなくなる。光ドロップの増やしすぎに注意しよう。

 

 

スポンサーリンク